残照身辺雑記

日々の出来ごとや感じたことなどのあれこれを記録します。

夏至の日食  Covid-19症候群にならないように

夏至の今日は梅雨の中休み。朝からの快晴で夕方の部分日食が拝めるかと期待した。ところが夕方には一転一面の曇り空になってしまった。

f:id:afterglow0315:20200621180917p:plain

 

薄い雲を通して太陽は見えているが日食は無理。結局観測はできないで終わった。

 梅雨の中休みは明日も続くとのこと。穏やかな夕暮れ空のShotになった。

 

初夏から夏へ。季節を感じないままに夏至を迎えてしまった。日に日に日照は短くなって季節は下り坂に向かう。世の中のムードに流されては沈んだ気持ちになってしまう。Covid-19症候群というべきか。残照の日々を大切にしなければならない。

 

afterglow0315.hatenadiary.jp

 

afterglow0315.hatenadiary.jp

 

 

「超過死亡率」のことが報じられた  Covit-19 ファクターXが解明されるかも?

今朝のテレビで「超過死亡率」ということを報じていた。初めて耳にする言葉であるが、その重要さはすぐに理解できる。知る限りあまり論じられていない。ネットで調べると一斉にこのことが報じられている。

我が国の感染者数の不思議について「ファクターX」などとその「謎」が議論されているが、「謎」とされたままである。「超過死亡率」という誰もが理解できる概念が議論を進めてくれるだろうか。感染症に対する疫学的な理解の重要さが知らされる。

「超過死亡率」からどのよう議論が展開されるのだろうか?「謎」の解明につながるのだろうか。もやもやが晴れてほしい。今朝はこれから外出。ネットの記事を読むひまもない。久しぶりのBLOG記事が中途半端になってしまった。

 

afterglow0315.hatenadiary.jp

 

立夏を迎えたCovid-19  「綺麗」の国の生活文化

今年の立夏は5月5日。夏の始まりの日です。24節気の立夏は5日から19日まで。夏を迎えてかCovid-19ウイルスの脅威は減退。当地大阪もようやく自粛要請も緩和の方向となった。しかし常にウイルスを意識しないといけない"新たな日常"が始まるという。かつての日々は戻ることはないのだろうか。

感染の様子が各国によって大きく異なっている。日本はといえば、感染者数などの指標が総じての少ないことが際立つ。どうしたことだろう。特に変わった感染対策があったとも思えないのだが・・。その違いがあまりにも大きい。それをもたらしたものは何なんだろう?

衛生観念の違い、手洗い励行・マスク着用の習慣、お辞儀(非接触挨拶)の文化、靴脱ぎ習慣など、日本は異質の生活文化の国である。それらがプラスに働いたのだろうか。加えて、BCGの接種歴や接種株についての論や政策の巧拙など様々な議論が盛んである。

暇に任せてのネット検索でヒットしたことなど ;

”衛生観念”をネット検索すると、外国生活での体験が語られています。食器洗いの丁寧さ具合、遊んで汚れたままの手で子供がお菓子を食べても親は気にしないし、子供に手洗いの躾けをしない・・・など。日本人の普段の何気ない生活習慣が、他国の標準からすると”潔癖症”ととられるほどという。

綺麗好き文化は日本人の中には定着している。「綺麗」という言葉自体が「美しい」と「清潔」の両方を指している。「綺麗」は日本の生活文化を象徴している。

 

"世界とつながる挨拶ー礼儀の国、日本よりー"と題する文章に出会った。中学3年生の川瀬利那さんが卒業研究として”お辞儀の文化”について調べて論じたものです。中学生とは思えない素敵な内容で興味深いものでした。

接触型の挨拶の習慣(お辞儀文化)と接触型の挨拶の習慣(握手・ハグ・キス文化)を比較して考察。その違いは「パーソナルスペース」に由来するのだろうとして、「欧米人やアフリカ人が体を密着させる挨拶が多いのはパーソナルスぺースが狭いのだろう。一方、日本人や韓国人はパーソナルスぺースが広いので、お辞儀式の挨拶になる」と指摘しています。(Personal-spaceとは、他人に近付かれると不快に感じる空間のこと。心理的な縄張りのようなもの。)欧米の感染爆発に通ずることなのでしょうか。

https://www.hidaka-h.wakayama-c.ed.jp/chuko/sotugyokenkyu/heisei23/syakai%20kawase.pdf#search=%27%E7%A4%BC%E3%81%AE%E7%BF%92%E6%85%A3%E3%81%AE%27

 

潔癖とも取られる「生活習慣」、「綺麗」を「美しい+清潔」とする美意識、固有の「パーソナルスペース」は、私たちが受け継ぐ貴重な生活文化の遺産。"新たな日常"の時代の中でも、私たちを支えてくれる基盤になってくれるだろう。

新緑のユリノキとクスノキの紅葉が鮮やかです  Covid-19自粛延長

爽やかな5月の青空とは裏腹に自粛延長の曇り空が続きます。気分が晴れないままにブログの更新も途切れてしまった。何とか続いてきた週1回の更新が途切れたのだ。自らの自由を律することの息苦しさ故のことか。そんなことにはお構いなくWalkingコースの自然は折々の姿で私を元気づけてくれる。

f:id:afterglow0315:20200507181113p:plain


公園のユリノキの新緑が鮮やかです。

若葉が風に吹かれて光っている。

巨樹に育つというが今は風に揺れる幼木である。

どんな姿になるのだろう。それを見ることはない。

f:id:afterglow0315:20200507182539p:plain

 

 新緑の中でクスノキがひとり黄金色に輝いている。

 

この時期に慌ただしく紅葉して新旧の葉が入れ替わるのだ。

 

あまりに素早い落葉なので美しい黄金の輝きは一瞬のことになる。

 

f:id:afterglow0315:20200507185133p:plain

 

 

 歩道のつつじが満開になりました。

 

よく手入れされています。

 

f:id:afterglow0315:20200507181323p:plain

 

  シカの家族の訪問です。

春先から新緑の季節にはよく見かけます。

夏場は殆ど姿を見せません。涼しい山中で過ごすのでしょう。

PCの下取りサービスも営業停止になりました Covid-19の影響です

家族のPCが故障して、新しいものを購入して1ヶ月になる。快適に動いて満足とのこと。スペックはCeleron/8GB/500GBの最廉価品だがファミリーユースには十分なのだ。

下取りサービスが付属していて、不要になったPCを処分してくれるという。期限が購入から1ヶ月以内。期限が迫ってきたので、ようやく重い腰を上げて、手続きをしようと、ホームページを調べた。すると、赤い文字で"下取りサービスの営業中止"と表示されている。

不要になったPCは場所をとるし厄介者である。以前は処分には手間や費用が掛かった。下取りサービスでは、取りに来る運送会社に渡すだけ。梱包もいらないという。

おまけに、査定次第ではキャッシュバックもあるという。便利なうえに、手間いらず。ありがたいばかりだ。f:id:afterglow0315:20200426160953p:plain

”営業中止”は、Covid-19による営業自粛の要請を受けてとのこと。

営業再開は5/7以降の予定で、下取り期限の1か月は延長するとあった。

慌てることがなくなり、一安心になった。