残照身辺雑記

日々の出来ごとや感じたことなどのあれこれを記録します。

腰痛が消えたままだ! 論より証拠の「後ろ向き歩き」Walking(2)

後ろ歩きWalkingを始めて3ヵ月になった。始めた翌日から腰痛が消えてしまった。たまたまだろうと半信半疑のまま続けてきたが、効果は続いていて、腰痛は消えたままだ。 理屈は分からないが効き目は本物らしい。メニューは毎日のWalking70~80分の間に、後ろ…

不弥国の神湊  卑弥呼の都へ水行10日陸行1月(3)

九州末盧國に上陸した一行は、伊都国、奴国と九州北部を陸行して不弥国に到着した。ここから再び水行して卑弥呼の都を目指すことになる。次の目的地は水行20日の投馬国である。 1日目の水行を再現してみる。1日の航行は20kmなので、目的地は20km先の港で…

中之島公園のバラ  同級会に出かけた

今日は朝から本降りの雨だ。おまけに体がだるい。ウオーキングは休まないことに決めているので、我慢して傘を片手に出かけた。いつもより少しサボって1時間ウオークで切り上げて何とかルールは破らずに済んだ。 体がだるいのは昨日の同級会の飲みすぎのせい…

サクランボの実がなくなってしまった

サクランボの実が色づき始めたので、そろそろネットが要るかなと思っていた矢先、あっという間に実が無くなってしまった。鳥たちの仕業だ。 しばらく前から夜明け頃の鳴き声がうるさくなっていた。そろそろ食べ頃だろうかと集まって相談していたのだろう。 …

投馬国は出雲?  卑弥呼の都へ水行10日陸行1月(2)

邪馬台国への旅を続けよう。その行程は、「不弥国より南のかた投馬國に水行二十日。更に、南のかた邪馬壱國に水行十日、陸行一月。」である。 不弥国に到着した一行は、卑弥呼の都に向けて出発した。次の目的地は投馬国である。水行20日を要するという。それ…

新名神高速道が開通して新しいウオーキングコースができた  

新名神高速道路が神戸JCTまで開通して1か月半になった。中国道宝塚トンネルの渋滞が緩和されたと連休のニュースになっている。北摂北部の住民にとっても交通事情が様変わりの改善となった。仕事の関係で川西市~神戸市西区間をよく走るが、260円の高速区間を…

130年のタイムスリップ パーシバル・ローエルが訪れた名水の里黒部市三日市

数年前に帰省すると生家の前に小さい案内板が立てられていた。明治の中頃に当地三日市を米国の天文学者パーシバル・ローエル氏が訪問しこの家に宿泊したとあった。 天文学者のローエルさんのことは、子供のころから良く知っていて、自分にとってはとても身近…

連休前半の最終日 Twitterアカウントを取得した。

連休前半は快晴が続いた。おまけに何故か元気。それで色んなことができた。昨日の散歩のときに公園の新緑が素晴らしかったので、今日はカメラを持って出かけた。 朝起きたときは青空があったが、散歩の時間には薄曇りになってしまった。雲が薄くなるタイミン…

わらびが沢山取れた

連休前になったので例年通りわらび採りに出かけた。気持ちのいい天気だ。夏日の暑さは収まってこの時期らしい爽やかさである。 田植えはまだ始まっていないが、準備の真っ最中だ。 荒起こしが終わって水が入ったばかりの田んぼには早速サギの仲間が集まって…

経ヶ岬灯台を訪ねた 卑弥呼の都へ水行10日陸行1月(1)  

カニシーズンが終わるので浅茂川温泉に出かけた。雪を心配していつも3月末になるが今年は更に遅くなって4月に入ってしまった。あと二日でカニはお仕舞いという。 以前は城崎が多かったが、ここ数年は浅茂川だ。 浅茂川温泉は丹後半島の西側の付け根の海辺に…

最初の記憶のこと  「敗北を抱きしめて」ジョン・ダワー を読んだ

(2018.02.04.にUpした記事を修正) 白い粉塵の中で黒い機械が轟音を響かせている。息苦しさと騒音の中でその場所の過酷さを感じていた。最初の記憶は何だろうと考えるとこの光景が浮かぶ。母に連れられて姉を学徒動員先の紡績工場へ慰問した時のことという…

今年の桜は観測史上最速の開花

ひばりの初鳴きから一週間が経った。季節外れの暖かい日が続いて、公園はすっかり春全開になった。ひばり達も総出になって、忙しげに動き回っている。 公園の若い桜の木も満開だ。街開きから10年がたって、ようやく桜の木らしい開花になった。 今年の桜は各…

大船山 653.1m  初めての遠征登山 山歩きの記録(5)

今年最初の登山に大船山に出かけた。大船山は北摂山系の西端に位置している。三角錐の優美な姿で知られるが、それは西側の三田市側からで、登山口に向かう南側からは美しく見えるスポットには恵まれない。写真は途中の波豆川沿いの麓からのもの。 登山口の三…

2年目の山歩き 北摂の山並みを望む

冬休みしていた山歩きを再開することにした。山登りビギナーの去年は、先ずは、近くの山に登ることにして、青貝山、高代寺山、天台山、妙見山の4山に無事登頂することができた。年齢・体力の様子も分かった。どれも登山口まで家から歩いての山歩きだったが…

ひばりの初鳴日 生物季節観測と七十二候

ウオーキングに出かけるいつもの公園でひばりのさえずりを聞いた。今年初めてのことだ。寒さが2,3日続いたが、今日からは暖かさが戻るという。それを知っていたかのように高く舞い上がって、元気に春を告げている。 「うぐいすの初鳴き」とはよく聞くが、…

春の多紀連山 フキノトウと雲部車塚古墳

今日は朝から春本番の陽気になった。好天は今日までとのことなので、フキノトウ採りに出かけることにした。例年は2月末か3月初めなのだが、今年は遅くなってしまった。フキノトウの芽吹きは早く、残雪の中でも採ったこともある。ここ数日ことに気温が高い、…

さくらんぼの木に花芽が沢山ついた 

三寒四温を繰り返すうちにすっかり春の兆しが一杯になってきた。ここ数年不調だった我が家の庭のサクランボにも花芽が沢山ついた。 かなり前に一度沢山実を付けたことがあったがそれ以降全くの不作続 きだったのだ。 今年は豊作になりそうと喜んでいる妻に、…

腰痛が消えた!  論より証拠?「後ろ向きウオーキング」

ウオーキングをしていると色んな歩き方を見かける。両手にペットボトル、腕の大振り、腕の抱え込んだスパーリング型、大股歩き、速足歩きなどなど。効果アップを狙ってのことだろう。中でも気になるのは「後ろ向き歩き」。窮屈そうで、恰好は良くないし、と…

冬の寒ランとポトス

開花が間近になっていた赤花寒ランの蕾がしおれて落花してしまった。例年にない寒さで最低気温はマイナス5℃近くになった。この寒さでは屋外では無理だったのだろう。毎年開花が見られるようになってすっかり油断していた。 ライムポトスの方は2月に入って…

ブログの更新が滞ってスーパーボウルが間近になった バイキングスのQBキーナム選手

ブログの更新が進まないままに2月になってしまった。年賀状をきっかけに書き始めた記事が難行してしまった。いろいろ考えるうちに時間が経つ。でも折角なので最後まで行き着きたいものだ。 NFLスーパーボウルが間近かだ。年明けからのプレーオフのこの時期、…

ライムポトス  水植えしてから4か月がたった

水植えのポトスが黄色っぽくなって1枚ずつ葉が落ちた。年末年始に寒い日が続いたせいかと慌てて窓際から離した。そして何も知らずにいることに気が付いた; 品種は「ライムポトス」。ライム色の鮮やかな葉が特徴の品種。熱帯のジャングルが原産地なので、暑…

年の瀬 干支の引き継ぎ

すっかり年の暮れになった。玄関の干支の置物も交代の準備ができている。ここ10年は同じシリーズのもので中々渋い感じの鋳物だ。妻が気に入っていて毎年買い求めている。もうすぐ十二支一巡になる。 丁酉(ひのととり)から戊戌(つちのえいぬ)へのバトンタ…

妙見山 660.1m 周辺4山登頂完成 山歩きの記録(4)

先日最後に残っていた妙見山に登った。これで青貝山、高代寺山、天台山と合わせて周辺4山の登頂達成となった。頂上の妙見宮へは初詣で毎年登っているがいつも車なので自分の足で登ったのは初めてだ。ところが大失敗。麓近くまで降りたところで頂上の三角点…

柚子が届いてジャムになった

目が覚めると階下からいい香りがしている。柚子のジャムがちょうど出来上がったところだった。この季節になると柚子が届く。妻はいつもそれを待ち構えていてジャムを作る。家人がいると仕事がはかどらないと言って寒い時期なのに早朝から起き出してごそごそ…

「片足立ち屈伸」を筋トレ種目に追加した 

山歩きを始めて3か月になった。近くの山を歩く限りは体力・脚力に問題は感じない。柔軟体操・筋トレ・ウオーキングの効果か?山といっても今のところ最高標高は650mなので次のレベルになるとどうなるかは分からない。 山を歩いてみて片足にかかる負荷が大き…

落ちぎス  空振り釣行でことしが終わった

難波江の浜が好調とのことで妻を誘ってでかけた。シーズンの終わりの落ちギスは当たれば数も型も揃うので期待の釣行である。この浜は小石のジャリ浜なので砂で汚れるのが大嫌いな妻も付き合ってくれる。気持ちの良い天気だ。丁度潮時の昼前について早速始め…

天台山 639.7m 電波反射板を目指す 山歩きの記録(3)

天台山はどっしりと大きく構えて街を見下ろしている。頂上のすぐ下の右肩のあたりに白い電波反射板が小さく見えている。反射板はよく見かけるが実物はどんなものなのか興味深い。これまでの山とは違って高さも距離も高くて遠い。頂上の三角点と反射板を目指…

セイタカアワダチソウの盛衰 資源を食い尽くすエイリアン?

道路の斜面全体がススキの銀色の穂に覆われ何処からかやってきて根付いたナンキンハゼの紅葉が始まっている。ニュータウン箕面森町に通じるこの道路は街開きと同時に開通した。もとは小高い丘が連なった市郡境界であったが、切り通しの道路が開削されて我が…

寒蘭が開花した

今年も無事に開花した。白い花弁が真直ぐに大きく開いて美しい。赤花の花芽も伸びてきている。こちらの方の開花は年が明けてからになる。花は1か月以上も咲き続ける。 7年前に10鉢余りの寒蘭を引き継いだ。それまでも立派な花がついた鉢を持ち帰ることがあっ…

高代寺山 488.5m  山歩きの記録(2)

高代寺山は町中から間近によく見えている。山頂近くに山の名前でもある高代寺というお寺がある。3年ほど前に高代寺が野生のクマを保護することになったというニュースがあり、そのクマを見に寺まで登ったことがある。立派な檻の中で大切にされていた。クマ…