残照身辺雑記

日々の出来ごとや感じたことなどのあれこれを記録します。

啓蟄の天気は不安定  樹木ウオッチ(7)シラカシ

きょう3/18は72候の啓蟄末候の最終日。啓蟄の末候は「菜虫化蝶」と表される。その心は"菜の花が咲いて春本番を迎え、青虫が紋白蝶になる頃"というが、このところ不安定な天気が続いている。暖冬傾向のまま春が来るかと思ったが、次々に低気圧がやってきて、先日には、急な寒の戻りの時ならぬ降雪もあった。それでも庭のサクランボの花芽は膨らんでいる。季節の歩みはペースダウンしながらも前に進んで明日からは春分になる。

f:id:afterglow0315:20190317162826p:plain

 住宅街の道路わきの小さなスペースに、幼木だが中々立派な姿のシラカシを見つけた。以前アラカシを記事にしたので、仲間のシラカシを見つけようと気をつけていたのだ。大きいシラカシには出会わないのでこれで記事にすることにした。

f:id:afterglow0315:20190317162933p:plain

シラカシ

常緑広葉の高木。

アラカシと並ぶ最も普通のカシの仲間。

里山や山地に自生。庭木、生垣、街路樹にもよく見る。

材は堅く白っぽい ことから「白樫」。建築材、器具材に 利用される。

樹形:幹は直立。枝は上に伸びて、全体にスッキリして繊細な感じ。ずんぐりしした印象のアラカシとは対照的。

樹皮:なめらかで灰白色。

f:id:afterglow0315:20190317205118p:plain

 葉: ほっそりして先が尖った卵型。⇒⇒

細かい鋸歯が葉の3分の2ほどにある。

  

 アラカシの葉は、シラカシよりも、丸みのある細長い卵型で、先は尖っていない。荒くて大きい鋸歯がf:id:afterglow0315:20190318170107p:plain

葉の2分の1ほどにある。⇒⇒⇒

 

葉の形の違いが、シラカシとアラカシを見分けるポイントになる。

 

 

 

ミツマタが満開です。青貝山の谷あいを埋める見事な群生です。山歩きの記録(6)

青貝山のミツマタが満開になりました。先々週に一度出かけたが早すぎだった。今日あたりは見頃だろうと再度挑戦。黄色い花が小さい谷筋をいっぱいに埋めて咲いています。朝方に降った雪が白く残っている。寒の戻りの気になる天気だったが、回復傾向で大丈夫な日和になった。

f:id:afterglow0315:20190316163534p:plain

1年ぶりに山歩きを再開。昨年の5月に足の裏をケガ。x線検査でも原因不明、結局、山歩きは4月の大船山だけで終わることになった。ということで、今年3年目の山歩きは、先ずは、近くの青貝山のミツマタ群落探訪で足慣らしというわけ。

f:id:afterglow0315:20190316164050p:plain

場所は北摂妙見山地の青貝山山麓。自然の中の群生地です。大阪市内から電車で50分(妙見口駅)+Walkingが60分の手軽なハイキングスポットです。健脚派であれば、足を延ばして、青貝山(391m)や天台山(694m)の登山も計画できると思います。

群生地のことは地元の観光パンフレットで紹介されているが、山中を歩くことになるので、服装や履物、地図など、それなりの準備が必要です。迷いやすいです。

行程図国土地理院地図を使用)

f:id:afterglow0315:20190316190016p:plain

往路:

吉川峠妙見口駅から30分) 三叉路 中央の舗装林道を下るー(5分)ー

 B天台山31の標識で左側の山道に入る。檜の植林を進むー(5分)ー

 C天台山32の標識 右方向に直進ー(10分)ー

 D天台山33・トンボの辻標識 右方向に直進ー(10分)ー

 Eトンボ池2・火の用心の標識 右方向に直進ー(10分)ー

 ミツマタ群生地 目的地到着(吉川峠から40分)

復路:帰りは来た道を引き返す。

青貝山に登るときは;行程図の⇑F地点の青貝山1の標識から谷川方向へ降り、道標に従って山頂まで往復する。青貝山1の標識から山頂まで35分です。

スダジイを知っていますか?   樹木ウオッチング(6)スダジイ

スダジイはシイ(椎)の正式和名です。身近な樹木ですが「スダジイ」という奇妙な名前です。その由来について諸説はあるものの定説とするものはないそうです。

そこで解明に挑戦;先ず「スダ」の意味を調査。小学館日本国語大辞典に"「スダ」は植物「ウラジロ」の異名"とあるのを発見。正月飾りでお馴染みの、裏が真っ白なシダが「スダ」。「スダジイ」は、葉の裏が白いのが特徴の「シイ」です。故に「スダ」+「シイ」=「スダジイ」では?中々いい感じですが果たして・・・。

椎の木と言えば、童謡「お山の杉の子」を思いだします。何故か、椎の木とこの歌が強く結びついています。

"昔昔の、その昔~♬ 椎の木林のすぐそばに~♪

 小さなお山があったとさ~、あったとさ~♬"

"丸々坊主の はげ山は いつでもみんなの 笑いもの~♬

 これこれ杉の子 おきなさい  お日さまにこにこ 声かけた~ 声かけた~♬"

歌詞はこのあと、"大きい椎の木からチビッ子と、からかわれていた小さい杉の子は、大きく育って、椎の木林に負けない、立派な杉山になった"と続きます。懐かしく思い起こされる方も多いかもしれません?

YouTubeで聞いてみようとしたところ、この歌は、元々は戦時中の戦意高揚の歌だったものを、戦後になって、子供たちの健やかな成長を願う歌詞に書き換えられたものだというのです。子供たちが元気に成長するように願う歌、とばかり思っていたのでびっくりでした。視聴されたら如何でしょう。お勧めです。

f:id:afterglow0315:20190308180244p:plain

さて本題

スダジイ";

常緑広葉樹。

樹街路や公園樹によく見かけます。大きく立派に育ちます。

樹形:

大きく広げた枝が、曲がりくねりながら、高く伸びて、ブロッコリー状の樹冠を形成して、堂々とした姿になります。

樹皮:暗褐色。表面はデコボコして荒く、深い裂け目が縦状に入る。

f:id:afterglow0315:20190308184120p:plain

葉 :表は光沢のある緑。裏は白っぽい。先が尖った卵型で長さ5~10cm。ゆるい波状鋸歯がある。葉脈は羽状脈。

果実:樹種の判別の大切な手掛かりだが、今の時期ではお目にかかれない。今度の秋の楽しみとしよう。